取締役って社長のことを言うんじゃないの?

会社における肩書って色々ありますが、最近疑問に思うことがあります。それが「取締役」についてです。取締役って社長のことを言うんじゃないんですかね?その会社を取り締まっているわけですし…。でも、会社のホームページとかを見てみると、社長と取締役が別々になっていることもあり、その違いがわからずにいました。

日本税理士共済会 | 共済会のご案内 | 概要

そして今回、その違いを会社経営している親戚に聞くことができ、わからなかったことや疑問が全て解決しました。

つばさ税理士法人の専門サイト

簡単に言うと、社長は会社内での職務上の呼ばれ方であって、法律上での地位ではないこと。そして取締役は会社運営における権限がある人。代表取締役は、その取締役の人たちの中で代表となっている人。ということでした。会社法で定められているのは代表取締役だけで、商業登記された人が名乗れる地位なんですってね。代表取締役と社長は同じ人がやっている場合が多いので、代表取締役社長という言葉を聞く機会が多く、私の中で取締役と社長が混同されてしまっていたようです。他にも会長だとか、代表ではないけど取締役社長だったりとか色々と複雑なものがありますが、少なくとも「取締役と社長は同じではない」ということがハッキリしたので、またひとつ賢くなった気分です。

キャッシュ・フロー計算書 | 財務・業績情報 | IR情報 | 株式会社アイレップ

正直私には、社長と代表取締役を分ける必要性や意味がわからなかったりもするのですが、その会社ごとにやり方やシステムがあると思うので、その辺はまた別の話になるのでしょう。自分が会社を経営したことがないとイマイチパッとしない部分ですが、言われてみればなるほどなぁとなるお話でした。